日系航空会社VS外資系航空会社

どの航空会社が働きやすいの?日系or外資のどっちを選ぶべき? f:id:CabinDiary101:20160902172507j:plain

分かるようでよく分からない多くの皆さんが疑問を持つこのトピックについて一つ一つ紐解いていきます。ここでは7つのポイントに絞りご紹介‼

1 ベース

生活の基盤を日本におくメリットといえば、まず生活が便利で治安が安定していること、家族、恋人や気心知れる友達と今までと同じように繋がっていけることなど劇的な変化を伴わないところです。 一方、海外ベースは言語や生活習慣の違いから不便に感じたり、予期せぬ問題も自分で全て対応しなければなりまん。住み慣れた母国を離れ生活基盤を1から築き上げることは気苦労と時間がかかることを知っておきましょう。

2 就航地

就航地の数を見ると外資系のほうが断然多く、全世界の路線に乗務できるため常にさまざまな国に訪れることができます。ただフライト先の滞在は滞在時間も様々で、あくまでも仕事の一環ということを忘れてはいけません。一方、日系航空会社は就航地の数は少ないものの、同じく社員優待を利用することで安く海外旅行を楽しむことが可能です。一見、就航地の多い航空会社を魅力的に感じてしまうかもしれませんが、客室乗務員になると与えられる恩恵がある事で海外にとても行きやすくなるのは両者共に共通しています。

f:id:CabinDiary101:20160718191548j:plain

3 語学

日系航空会社ではより綺麗な日本語を外資航空会社ではより高度な第二ヶ国語を必要とされます。両者者ともお客様をおもてなしする為のふさわしい言葉使いを持ち合わせていること、それに伴い語学力を鍛えることは客室乗務員としての基本です。

4 同僚

日系航空会社では年功序列という概念のもと上司/先輩、同期、後輩という枠組みがしっかりと成り立っています。それが個々の立場をわきまえた行動や振る舞いに繋がり、お互いの立場を尊重することが自然に行き届いています。 外資系航空会社ではそれぞれの国のスタイルが人間関係にも反映されています。 かつ様々な国籍が混ざるため、比較的人間関係がシンプルで目上の人でも親しみやすい関係性が成り立っています。

5 乗客

日系の主な乗客は日本人。良質なサービスを求める日本人乗客に、きめ細やかなサービスにが求められるのに対し、多国籍の乗客が主になる外資系になると文化、習慣、言語や宗教からそれぞれ違いを理解して、それぞれの要求に応えていくことが求められます。

f:id:CabinDiary101:20160718191701j:plain

6 社風

それぞれの国によって独自のカラーを持ち合わせている外資系航空会社の場合、規律の中にもダイバーシティ(多様性)が存在することで、様々な違いを尊重し、それぞれの個性を生かせる自由な環境があります。採用の際も即戦力になる経験者が好まれたり、年齢や勤続年数に関係なく実力主義のもと昇進が行われるところも少なくありません。

また、日系航空会社は仕事の段取りから人との接し方まで全てが日系企業スタイル。日本人らしさがより反映されることで、それぞれが自身の役割を理解し、職責に集中できることで仕事が効率的に運ぶ流れが出来ています。また長く働ける環境が整っていることも日系の特徴です。

7 グルーミング (身なり、装い)

会社のイメージがよく反映されているのがグルーミング。外資航空会社といえばそれぞれの文化や習慣の特徴を汲んでデザインされている制服や化粧の仕方も艶やかで上品な印象。日系航空会社は、全体的にシンプルにまとめられていますが過度に主張し過ぎていないところに凛とした、女性らしい華やかさがあります。

まとめ

入社後数ヶ月で辞めていく仲間達を見てきました。多くの理由が社風合わない、馴染めないといった理由からです。両者それぞれの企業文化の違いを理解し自分の相性と合う企業選びをしていきましょう。

Need Helps?

エアライン就活応援 Links

国内外問わず外資系企業へ転職・就職の為に英語面接の準備されている方へ。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 出来るだけ費用を押さえたい。

  • ボキャブラリーが少なく、決まったフレーズしか思いつかない。

  • 周りに英語をチェックしてくれる人がいない。

  • 正確な英語が使えているかどうか自信が持てない。

  • イングリッシュスピーカーに伝わるか不安。

オーストラリアでのワーキングホリデーから始まり、語学留学、豪現地企業での職務経験、外資航空会社でキャリアを積んでまいりましたCabinDiary101の私が今までのノウハウと経験を生かし、知識と経験を積み重ねた豪ネイティブスピーカーの専門者と共にグローバルな環境での活躍を目指すあなたのサポートをいたします。

f:id:CabinDiary101:20161210092047j:plain