<CAになりたかった私の理由②> 私はこうして客室乗務員になりました。

f:id:CabinDiary101:20161026112853j:plain みなさん。 こんにちは!

前回に引き続き、私が客室乗務員なりたかった私の理由をお話ししていきたいと思います。

"超"がつく程のネガティヴ思考だった私に客室乗務員になりたいという夢が出来き、今やらなかったら絶対後悔するという想いが私の人生を大きく変えていきました。 ただ、自信がなく取り柄が無い私....そんな私が決断したのは1年後に海外留学をして大学に通い語学力を付けるということ。

留学資金の足しに昼間の仕事に加え夜の居酒屋でのバイトをし、お金節約の為に学生ビザの取得から語学学校選びまで留学の手続きは全て自力で済ませ、また住む家を決めないまま、現地のバックパッカーに1週間だけ部屋を予約しその期間中にシェアルームを探すという計画!!

無茶な計画をも勢いとガッツだけで乗り越えてきました。

この2年間の留学はもちろん楽しい事、その反面泣きに泣いて言葉では言い尽くせない程大変な事。様々な事が沢山ありました。けれど、その分得られたもは何倍もありあの時の経験があったからこそ今の私があると言っても過言ではありません!

帰国し、客室乗務員採用試験に向けて履歴書/エントリーシート、企業研究、自己分析から面接の練習まで出来ることは全てやりました。ただ、不定期な採用募集に合わせてモチベーションを保ち準備を進めることは決して容易ではありませんでした。

就職活動が進むと長期間に渡る不安とストレスと、通過したり落ちたりと一喜一憂することも多くあったので、ある意味自分との戦いでした。

外資6社を受け最後の会社から内定を頂いくまで最終面接から4ヶ月も経っていとこともあり、やっぱっりダメだったかなと思っていた矢先にいただいた内定メール‼‼

安堵と今までやってきて良かったっという気持ちしかありませんでした。

紆余曲折ありながらも客室乗務員として夢を追いかけスタートラインにたてたこと、様々な出会いと機会に恵まれ今日の私があるのはいつもサポートしてくれた家族や友達お陰! 何度感謝してもしつくせません。

海外で客室乗務員生活は見れる物触れる物出会い全てが新鮮で感動‼そういった刺激あふれる毎日は今の私の人生の糧になっています。

これからも色々なお話しを皆さんにお届けします‼

  • <留学中の悪夢>ストレスから過食に走り体重が70㌔になってしまった話。

  • <ビューティ> CAの美意識について。

  • <クルーライフ> CAが必ずこだわる滞在先での過ごし方。

  • <<客室乗務員の1日>> 始まりはブリーフィングから! - CabinDiary101

  • <CAなりたい人必見> 英語面接でよく聞かれた質問TOP5。

  • <CAになりたい人必見> Good VS Bad レジュメについて。

Need Helps?

エアライン就活応援 Links

国内外問わず外資系企業へ転職・就職の為に英語面接の準備されている方へ。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 出来るだけ費用を押さえたい。

  • ボキャブラリーが少なく、決まったフレーズしか思いつかない。

  • 周りに英語をチェックしてくれる人がいない。

  • 正確な英語が使えているかどうか自信が持てない。

  • イングリッシュスピーカーに伝わるか不安。

オーストラリアでのワーキングホリデーから始まり、語学留学、豪現地企業での職務経験、外資航空会社でキャリアを積んでまいりましたCabinDiary101の私が今までのノウハウと経験を生かし、知識と経験を積み重ねた豪ネイティブスピーカーの専門者と共にグローバルな環境での活躍を目指すあなたのサポートをいたします。

f:id:CabinDiary101:20161210092047j:plain