<<外資系in中東 CAライフ>> 天気のこと。

f:id:CabinDiary101:20161112100332j:plain

中東と言ったら砂漠 ラクダ 暑い国

という単純なイメージでしか想像できなかった私、そして、やっぱり実際行ってみないとわからないもの。

現実は期待を裏切らず、それ以上に想像を超えていたこともあって参った...参った...

ざっくり一年の気候をいうと2ヶ月間くらいの冬とそれ以外は夏。

真夏は昼夜問わず不快指数Max、湿気がとてつもなく高いから窓はいつも曇っている状態.. 日中外に出ようものなら強烈な熱風と太陽の光が体に突き刺さって、何十メートルも歩けたものじゃありません。一言でいうのならば、サウナの中。

中東の気温はときに50℃を記録。また、天気予報で明日の気温は40℃っと言われても「うん! いつもの事ね」っというくらいの感覚。

フライトの為にバッチリお化粧をしても、この過酷な環境下ではお化粧が剥がれ落ちそうになるから、一生懸命食い止めるのも中東CAの諚となります。

また、車を数十分走らせただけで砂漠地帯が広がっている環境上、避けて通れない悪夢が砂嵐です。

なぜ、砂嵐が厄介というと...

  • この時期は窓を一切開けられません(私はこの季節に限らず一度も窓を開けたことがありませんでしたが。)

  • 窓をしっかり閉めても粒子の細かい砂がお部屋まで入ってきて、フライトで数日家を空けたらお部屋の中が砂で真っ白になっている。

  • 花粉症に似た症状を発症。体がアレルギー反応を起こして、目がかゆくなったり、鼻水が全然止まらない。

  • 砂嵐がひどい日は10m先も見えないほどの視界の悪さになって、外にも出れないし、もちろんフライトにも大きな影響が出ます。

日本の環境とは全く違う世界が広がっている中東での生活。今の私にはこれぞ中東‼という思い出として鮮明に残っています。この世の中に中東に住み自分のキャリアを積みながらかつ特別な経験ができる人が何パーセントいるんだろう。っと考えるととても貴重な経験だったなと思います。中東での経験はいつも驚きの連続と感動にあふれていたからこそ、今でもなおCA時代がとても恋しいです。

Live for Fun Fun for Read!

英語を上達させる方法。日本のニュースを英語で読めるから、内容も理解しやすいし、教養を付けながらも英語をブラッシュアップ!

Need Helps?

エアライン就活応援 Links

国内外問わず外資系企業へ転職・就職の為に英語面接の準備されている方へ。

こんなことでお困りではありませんか?

  • 出来るだけ費用を押さえたい。

  • ボキャブラリーが少なく、決まったフレーズしか思いつかない。

  • 周りに英語をチェックしてくれる人がいない。

  • 正確な英語が使えているかどうか自信が持てない。

  • イングリッシュスピーカーに伝わるか不安。

オーストラリアでのワーキングホリデーから始まり、語学留学、豪現地企業での職務経験、外資航空会社でキャリアを積んでまいりましたCabinDiary101の私が今までのノウハウと経験を生かし、知識と経験を積み重ねた豪ネイティブスピーカーの専門者と共にグローバルな環境での活躍を目指すあなたのサポートをいたします。

f:id:CabinDiary101:20161210092047j:plain